クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ



アリア・セレクト・シリーズ始動
第1弾&第2弾

これがボスコフスキーだったのか



 アリア・レーベル。
 本流であるアリア・レーベル・オリジナルズ、超廉価盤の ARIA SILVER シリーズ、超マイナーなアイテムだけをお贈りするaria Mysterious シリーズ。
 そしてここに第4のシリーズが登場。


 アリア・セレクト・シリーズ。


 これは歴史的録音復刻レーベルHECTOR、ARDMORE の音源の中から店主がこよなく愛するものをアリア・レーベルで出しなおすというシリーズ。

 ARDMORE音源は以前からアリア・レーベルで再復刻することがあったが、先日ARDMOREとHECTORが実質的に合併したのに伴い、HECTOR音源もライセンス契約してアリア・レーベルからリリースすることが可能になった。

 実はARDMOREもHECTORも、これまで優秀で魅力的な復刻を行ってきたが、リリース・アイテムが突然廃盤になることがあった。
 そうした動きのなかで店主お気に入りの音源が将来入手不能にならないよう、そうしたアイテムに関してはアリア・レーベルからリリースして半永久的に守り続けよう、ということである。
 アリア・レーベルで展開することでこれらの音源がより陽の目を浴びる場所に居られるようになる、というのもある。


 すでに数十点を候補として提案しているのだが、まず記念すべき第1回は、HECTOR初期に登場した驚くべきボスコフスキー・アルバム2点。
 この録音で店主のボスコフスキーへの見方ががらりと変わった。
 店主にとって非常に意義ある録音。


 基本的にもう一度リマスタリングを施してもらい、装丁も通常ケースにして見栄えにも気を配った。
 ここから出すアルバムはすべて店主の宝物ばかりだからである。







 ・・・うーん。

 ボスコフスキーって、ただのワルツ好きのヴァイオリン弾きかと思っていた。
 だから今までそれほど好き好んで聴いたことはなかった。
 
 そうしたら、もう、すごいのなんの。
 突如音楽の精霊が目の前に現れたのである。

 ヴァイオリンが本当に歌い、踊り、舞い、そしてかぐわしい香りを撒き散らす。
 こんなにも麗しく、こんなにも雅びなヴァイオリンはちょっと聴いたことがない。

 これがボスコフスキーだったのか。


 しかも技術的にも抜群にうまい。
 もっとヨヨヨと弾き崩して案外適当なのかと思ったが、そうじゃない。きちっと押さえるところは押さえる。

 ・・・なのに、なのに、この優雅さ。

 ウィーン国立歌劇場管の第2ヴァイオリンの末席でひっそりと弾いていたボスコフスキーに、なぜレハール本人が自作オペラでのソロ演奏を依頼したのか。
 ウィーン・フィルに入団した彼をなぜクナッパーツブッシュが第2コンサートマスターに推薦したのか。

 その答えは、すべてこの演奏にある。


 たとえばモーツァルトのヴァイオリン協奏曲の録音はいつも何かが足りなかった。
 でもこれは違う。
 こんなふうに弾いてほしい、と思ったその上を行く。しかもかるくあっさりと。
 おそらくモーツァルトがその横でフフフと涼しく笑ってそうな、そんな演奏。
 今から半世紀前にこんな演奏があったとは。

 そして小品集。
 これまたまちがいなく個人的にボスコフスキー最高の1枚になる。
 ・・・こんなドヴォルザーク、こんなクライスラー、こんな「チャルダッシュ」。
 クライスラーや「チャルダッシュ」を聴いて涙が出そうになるなんて考えられるだろうか・・・。
 どうかだまされたと思って聴いてみてほしい。胸の奥から言いようのない感情が湧き出てきて止まらなくなる。


 ・・・これがボスコフスキーだったのだ。





ASEL A01
\2200
ウィリー・ボスコフスキー/リサイタル
 (1)-(2)ベートーヴェン:ロマンス第1,2番
 (3)モーツァルト:メヌエット
 (4)フィオッコ:アレグロ
 (5)ドルドラ:思い出
 (6)ドヴォルザーク:ユーモレスク第7番
 (7)-(10)クライスラー:愛の喜び 愛の悲しみ 美しきロスマリン ウィーン奇想曲
 (11)モンティ:チャルダス
ウィリー・ボスコフスキー(Vn)
フランツ・バウワー・トイセル指揮
ウィーン国立歌劇場管

1950年代後半 ウィーン録音

原盤番号
 (1)-(6)  10inch - ドイツ盤 Deutscher Schallplatten club D008 モノラル
 (7)-(11) 10inch - オランダ盤 Flash ALP 612 ステレオ

通常ジュエル・ケース入り。表裏ジャケット、盤面印刷あり。

HECTOR 旧番号 HWB-3



ASEL A02
\2200
ウィリー・ボスコフスキー/モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲集
 モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲
  (1)ヴァイオリン協奏曲第1番 変ロ長調 Kv.207*
  (2)ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 Kv.216
  (3)ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 Kv.218 
ウィリー・ボスコフスキー(Vn&指揮)
ウィーン・コンツェルトハウス室内管

1950年代中期 ウィーン録音

原盤番号 
 (1)12inch Haydn Society HS9010 1954年ウィーン録音
 (2)10inch Les Discophiles Francais EX25051 1955年ウィーン録音
 (3)10inch Les Discophiles Francais EX25028 1954年ウィーン録音

通常ジュエル・ケース入り。表裏ジャケット、盤面印刷あり。

HECTOR 旧番号 HWB-1(原盤違い), 7(同原盤)






ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2014 ARIA−CD.All rights reserved.08