アリアCD 新店舗へようこそ

新店舗トップページへ

お買い物の方法  

ページ内の商品チェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ



久々の紹介!新譜登場!
HECTOR オーマンディ・シリーズ
新シリーズ 1CD-R\1800

旧シリーズ 1CD-R\1390 / 2CD-R\1690


 HECTOR オーマンディ・シリーズ。2年ぶりの紹介。

 歴史的録音復刻レーベル「エクトール・ディスク(Hector Disc - The Collector's performance CD-R)」。その音源はいずれも78rpm(SP)、33rpm(LP)の復刻で、レア物、CD未発売希少音源ばかり。

 音質は、オリジナルソースの音を忠実に再現し当時の録音を生々しく表現したていねいな復刻(オリジナルの管球式可変フォノイコライザー使用)。多少のオリジナル・ノイズがあるとのことだが、針音のプチ音は極力取り除いているらしい。「厚みある響きによって感性を刺激し、新たな発見に酔いしれて頂ける数々の感動アイテムをお届けいたします。」とはレーベルのコメント。

 そのHECTORの中で最も高い人気を誇るのがオーマンディのアイテム。

 「現在CDで発売されているのは、ほとんどがステレオ録音ばかりというオーマンディだが、モノ録音の音源は知る人ぞ知る名演の数々!是非この怒涛の響きを御堪能あれ。プチノイズは極力取り除き、奥行きある重厚音源のリマスタリングです。」(HECTOR)


 全て薄CD ケース入り、盤面印刷あり。日本語表示無し。

 





新シリーズ 1CD-R\1800


 新シリーズの新譜が登場。 全て薄CD ケース入り、 中折り返しジャケ、盤面印刷あり。


<新譜>


HEOR N005
\1800
4回中2回目、モノラル時代の
 ラフマニノフ:交響曲第2番
ホ短調op.27
  12inch Columbia ML4433 - 1951年2月録音Mono
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団

 HECTORのオーナーがよくいうのは「オーマンディはモノラル時代がいい」ということ。
 われわれが一般によく知るのはステレオ時代のオーマンディだが、実はもっとも味わい深いのは1950年代のモノラル期のオーマンディだと。
 しかし幸か不幸かステレオ期の録音が一世を風靡してしまい、モノラル期の録音が陽の目を見ることはなくなってしまった。
 今回の録音も初CD化ではないか。HECTORはおそらく初リマスタリング発売だろうという。
 
 オーマンディが生涯で4回も録音したという愛すべきラフマニノフの交響曲第2番。
 不幸にして埋もれてしまった2回目の録音。



<旧譜>

HEOR-N001
\1800
マーラー:交響曲第2番ハ短調「復活」 ユージン・オーマンディ指揮
ミネアポリス交響楽団 
Twin City Symphony Chorus
Corinne Frank Bowen (soprano)&
Ann O'Malley Galloghy(contralto)
78rpm (日) Victor JD955/65 - 1935年1月録音MONO

 1930年代のオーマンディの「復活」である。
 しかもライヴである。
 この時代にこの曲の全曲ライヴを電気録音で成し遂げていたということにまず驚嘆する。

 演奏はさすがにこの時代のミネアポリス、途中で管が外れたり、アンサンブルが危うくなるところもあるが、しかし全体的にはエネルギッシュで大胆。
 それよりもオーマンディがこの時点で(35歳!)ここまでマーラーを征服していたということにもう一度驚嘆することになる。
 オスカー・フリードに次ぐ、マーラー録音黎明期の偉大な名演と呼んでいいと思う。

 音質は1930年代中盤にしては意外なほどよい。
 SP復刻を聴きなれた方ならまったく問題ないと思う。(大音量のところでは技術的な限界があってレベルが下がるが、それはまあ仕方がない。)
 この「復活」、以前BIDDULPHから出ていたが、BIDDULPHにしてはあまり感心しなかった覚えがある。
 しかしさすがHECTOR、変なキンキンした音がない。大ボリュームで聴いても楽しめる。図太くて低音がゴリゴリ響いてくる。存在感が違う。奥行きがある。
 だからその音にもう一度驚嘆することになる。

 1930年代のライヴの電気録音であることを承知の上で聴けば、なんとも得るところの多いアルバムといえる。

 

HEOR- N003
\1800
自由奔放。最高傑作か、1941年のチャイ5
 シューマン:交響曲第2番 ハ長調op.61 *
 チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調op.64
 (78rpm Victor 14885/9 - 1937年 * /
  HMV 18182/6 - 1941年 録音MONO)
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団
 
 オーマンディのことを膨大なカタログを生み出したまるで自動販売機のような指揮者だと勘違いしている人に聴いてほしい、巨匠の1930年、1940年代の録音。
 とくにチャイコフスキーの交響曲第5番。
 この曲をことあるごとに録音してきたオーマンディ、これはもちろんその最初の録音だが、もっとも過激でもっとも情熱的な演奏であると言っていい。
 ここでオーマンディは自由に歌い、自在に遊び、奔放に夢想する。

 これはオーマンディがストコフスキーの後任としてフィラデルフィア管弦楽団の音楽監督に就任してしばらくした頃の録音。
 この時期のオーマンディの演奏には、無声映画のヴァイオリン奏者だった若い頃の悦楽がある。そしてストコフスキーとともに活動したお茶目なオケ団員がそれを愛してくれていた時代。


HEOR- N004
\1800
第2次世界大戦末期の「第9」
 ベートーヴェン:交響曲第9番 二短調 op.125 「合唱」
 (33rpm 12inch Columbia SL50(2) -
  1945年3月 録音MONO)
S.Roman (S)
E.Szantho (A)
F.Jagel (T)
N.Moscona (B)
Westminster Choir
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団

 いよいよナチが追いつめられた1945年3月20、21日の録音。
 この当時アメリカでドイツ語によるベートーヴェンの「第9」を演奏する意味とは何だったのか。
 すでに勝利を確信したアメリカという国家がこの演奏を生み出したのか。
 ベートーヴェンは世界中のものであるというアピールのようにすら聞こえる。

 オーマンディは意外なほどベートーヴェンを録音していないだけに、この時期にこの曲を取り上げたことは深い意味があるような気がする。









旧シリーズ 1CD-R\1390 / 2CD-R\1690

全て薄CD ケース入り、盤面印刷あり。日本語表示無し。

HEOR−2
\1390
ワルトトイフェル:
 ワルツ「女学生」「スペイン」スケーターズ・ワルツ
レハール:
 メリーウィドウ・ワルツ ヴィリアの歌 「微笑みの国」より
 「エヴァ」よりワルツ ワルツ「金と銀」  他全9曲
   (1953年 MONO録音 LP Columbia ML4893)
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア響 他
HEOR−3
\1390
ベルリオーズ:幻想交響曲
  (1950年 10月 MONO録音 LP Columbia ML4467)
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア響

HEOR−4
\1390
ラフマニノフ:
 交響曲第3番イ短調
 ヴォカリーズOp.34-14
  (1954年 11月 MONO録音 LP Columbia ML4961)
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア響
HEOR−8
\1390
チャイコフスキー:
 幻想序曲「ロメオとジュリエット」
 序曲「1812年」 スラヴ行進曲
ラヴェル:ボレロ 
  (1951年&1953年  MONO録音 LP Columbia ML4997&AL51)
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア響
HEOR−9
\1390
ラフマニノフ:
 ピアノ協奏曲第2番ハ短調*
 前奏曲Op.32-5 Op.23-5(オーケストラ編)
  (1950年&1956年 MONO録音 LP Columbia MS5103)
ユージン・イストミン(ピアノ)*
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア響
HEOR-10
\1390
ハイドン:交響曲第101番ニ長調「時計」*
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番ハ短調Op.37
  (1949年5月* & 1953年3月 録音 MONO LP ML4268* & PHILIPS A01635R)
(P)ルドルフ・ゼルキン
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管
HEOR-11
\1390
ベートーヴェン:
 ピアノ協奏曲第2番変ロ長調
 ピアノ協奏曲第4番ト長調
   (1954年&1955年 録音 MONO LP ML5037)
(P)ルドルフ・ゼルキン
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管
HEOR-12
\1390
ブラームス:
 交響曲第4番ホ短調 *
 ハイドンの主題による変奏曲
リスト:交響詩「プレリュード」
  (1944年11月* & 1946年 録音 MONO
   LP ML4017* & 10inch ML 2066)
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管
HEOR-13
\1390
バッハ:
 幻想曲とフーガト短調、ハ短調、
 G線上のアリア、プレリュードとフーガハ短調、
 アリオーソ、カンタータ第2番「ああ神よ、天より見たまえ」、
 フーガト短調、甘き死よ来たれ
  LP Columbia ML5065 (1954&1955年録音MONO)
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管
オーマンディ他による管弦楽編曲版演奏。
HEOR-14
\1390
チャイコフスキー:「白鳥の湖」Op.20バレエ組曲(13曲)
 LP Columbia ML5201 (1956年録音MONO)
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管
HEOR-15
\1390
シューベルト:交響曲第8番ロ短調「未完成」
モーツァルト:交響曲第40番ト短調
 LP Columbia ML5221&5098 (1956年録音MONO)
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管
HEOR-16
\1390
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番ハ長調
ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調「運命」+
 LP PHILIPS A01627R (1954年録音MONO)
 LP Columbia ML5098 (1955年10月録音MONO)+
ルドルフ・ゼルキン(ピアノ)
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管
HEOR-17
\1390
R.コルサコフ:序曲「ロシアの復活祭」Op.36
ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調Op.95「新世界より」+
 LP UK Columbia 33C1025 (1946年10月録音MONO)
 LP Columbia ML5115 (1956年録音MONO)+
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管
HEOR-18
\1390
プロコフィエフ:
 交響曲第1番ニ長調Op.25「古典」
 交響曲第7番嬰ハ短調Op.131 *
ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー +
  10inch UK Columbia 33C1025 (1946年10月録音MONO)
  LP Columbia ML4683 (1953年4月録音MONO) *
  LP Columbia CL700 (1945年5月録音MONO)+
(ピアノ)オスカー・レヴァント
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管
HEOR-19
\1390
チャイコフスキー:
 「眠れる森の美女」よりバレエ音楽(5曲)
 組曲「くるみ割り人形」より(3曲)
  LP Columbia ML4729 (1952年12月録音MONO)
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管
HEOR-20
\1390
フランク:交響曲ニ短調*
ヴィヴァルディ:2ヴァイオリンのための協奏曲イ短調 +
バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調
 (LP Columbia ML4024 1945年2月* & ML5087)
 MONO録音
(Vn)I.スターン &
D.オイストラフ+
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管
HEOR-21
\1390
フランク:交響曲ニ短調*
バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調
 (LP Columbia ML4939 1953年12月* & ML5087)
 MONO録音
(Vn)D.オイストラフ
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管

HEOR-22
\1390
ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調Op.11
ビゼー:交響曲ハ長調
 (LP Columbia ML4651 & 5289) 1952年1955年録音MONO
(P) ジョルジュ・シャンドール
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団

HEOR-23
\1390
ヴァインベルガー:「シュヴァンダ」よりポルカとフーガ
プロコフィエフ:交響曲第1番ニ長調「古典」
リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」Op.35
 (LP Columbia ML5289 & 4888) 1955年1953年録音MONO
(ヴァイオリン・ソロ)Jacob Krachmalnick
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団
HEOR-24
\1390
ウェーバー:
 歌劇「魔弾の射手」序曲
 舞踏への勧誘(ベルリオーズ編)
サン=サーンス:交響曲第3番ハ短調「オルガン付き」
 ( Columbia 10inchML2043 & LP ML5212) 1946年1947年1956年録音MONO
(オルガン)P.ビッグズ
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団
好評のオーマンディ復刻シリーズ!一部を除きほとんどが今までLPしか発売されていない音源です。
HEOR-25
\1390
グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
ヴァインベルガー:「シュヴァンダ」よりポルカとフーガ
ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調「新世界より」
 ( Columbia 10inch ML2043 & LP ML4023) 1946年1944年録音MONO
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団
ドヴォルザークの第4楽章コーダにて「シンバル入り」あの、ストコフスキーもやっている!ちなみに1956年録音(エクトールHEOR-039)では譜面どおりの演奏です。
HEOR-26
\1390
R.シュトラウス:交響詩「死と変容」  「ばらの騎士」組曲
 (LP Columbia ML4044) 1945年1946年1947年録音MONO
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団
HEOR-27
\1390
シベリウス:
 レンミンカイネン組曲Op.22(全4曲)
 「レンミンカイネンとサーリの乙女たち」「トゥオネラの白鳥」
 「トゥオネラのレンミンカイネン」「レンミンカイネンの帰郷」
メンデルスゾーン:
 劇付随音楽「真夏の夜の夢」〜
  序曲、スケルツォ、間奏曲、夜想曲
(LP Columbia ML4672&ML5221) 1951年12月&1957年録音MONO
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団

HEOR-29
\1390
ラフマニノフ:
 合唱交響曲(詩曲)「鐘」Op.35 (英語)
 交響詩「死の島」Op.29
 ( Columbia LP ML5043) 1954年録音MONO
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団 他

HEOR-30
\1390
R.シュトラウス:
 交響詩「英雄の生涯」
 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
(LP Columbia ML4887&10inch AL46) 1952年&1954年録音MONO
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団
HEOR-31
\1390
チャイコフスキー:交響曲第4番ヘ短調Op.36
ヴュータン:ヴァイオリン協奏曲第4番ニ短調Op.31
 (LP Columbia ML5074&5184) 1953年&1957年録音MONO
ジノ・フランチェスカッティ (ヴァイオリン)
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団
HEOR-32
\1390
ブラームス:ピアノ協奏曲第2番変ロ長調Op.83
ブラームス:セレナーデ第2番より第1、2楽章
 ( Columbia ML4014 & 5129)
 1945年 & 1955年録音MONO
(ピアノ)ルドルフ・ゼルキン
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団
HEOR-35
\1390
シベリウス:交響曲第4番イ短調、第5番変ホ長調
エルガー:行進曲「威風堂々」第1番
 (LP Columbia ML5045 &5129)
 1954年 & 1955年録音MONO
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団
HEOR-37
\1390
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番ニ短調
R.シューマン:交響曲第2番ハ長調 
 (Philips 10inchA01600R & 78rpm victor 14885/9)
1951年&1937年録音MONO
(ピアノ)ルドルフ・ゼルキン
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団

HEOR-38
\1390
フィラデルフィア管のソリスト達
 パーセル:トランぺット・ボラントラリー
 グリフィス:詩曲(フルートと管弦楽のための)
 ヘンデル:オーボエ協奏曲第3番
 B.フィリップス:ファゴット協奏曲
 ウェーバー:アダージョとロンド(チェロと管弦楽のための)
 シャブリエ:ラルゲット(ホルンと管弦楽のための)
 ベートーヴェン:ロマンス第2番(ヴァイオリンと管弦楽のための)
 ウェーバー:コンチェルティーノ(クラリネットと管弦楽のための)
 ( Columbia LP ML4629)
1952年録音MONO
(Tp)サムエル・クラウス
(Fl)ウィリアム・キンカイド
(Vc)ローヌ・モンロー
(Vn)ヤコブ・クラクマルニク

ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団

HEOR-39
\1390
チャイコフスキー:
 ピアノ協奏曲第1番変ロ短調
 弦楽セレナーデハ長調 
(Columbia LP ML4096 & 5187) 1949年&1952年録音MONO
(ピアノ)オスカー・レヴァント
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団

HEOR-40
\1390
チャイコフスキー:
 イタリア奇想曲
 弦楽四重奏曲第1番よりアンデンテ・カンタービレ
 交響曲第5番ホ短調
( Columbia LP ML4856 & 4400) 1953年&1950年録音MONO
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団
HEOR-41
\1390
チャイコフスキー:交響曲第4番へ短調
R.コルサコフ:
 歌劇「雪娘」より軽業師の踊り 
 歌劇「サルタン皇帝の物語」より熊蜂の飛行
 スペイン奇想曲
( Columbia LP ML4050 & 4856) 1947年&1953年1958年録音MONO
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団

HEOR-42
\1390
ブラームス:交響曲第2番ニ長調Op.73
ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲*
 ( Columbia LP ML4827 & 5112) 1953年&1955年*録音MONO
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団

HEOR-43
\1390
ドビュッシー:
 夜想曲「雲、祭り、シレーヌ」
 牧神の午後への前奏曲
 管弦楽のための「映像」よりイベリア *
  12inch Columbia ML5112 & 4434 - 1951年* 1955年録音MONO
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団/合唱団

HEOR-44
\1390
バルトーク:管弦楽のための協奏曲
イべール:交響組曲「寄港地」〜エスカレス
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ、ラ・ヴァルス
 12inch Columbia ML4983 & 4973 -
 1953年1954年録音MONO
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団
HEOR-45
\1390
シューマン:ピアノ協奏曲イ短調Op.54
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調Op.92
 12inch Columbia ML4011* & 4041 -
 1946年* & 1944年録音MONO
(ピアノ)ルドルフ・ゼルキン
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団

HEOR-46
\1390
モーツァルト:協奏交響曲変ホ長調K.Anh.9(297b) *
ハイドン:協奏交響曲変ロ長調Op.84
 12inch Columbia MS6061 -
 1957年* & 1958年録音STEREO
(オーボエ)ジョン・デ・ランシー
(クラリネット)アンソニー・ジリオッティ
(バスーン)バーナード・ガーフィールド
(ホルン)メイソン・ジョーンズ
(ヴァイオリン) ヤコブ・クラクマルニク
(チェロ)ローヌ・マンロー
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団

HEOR-48
\1390
チャイコフスキー:
 ピアノ協奏曲第1番変ロ短調Op.23
 弦楽セレナーデハ長調Op.48
  12inch Columbia MS6079 & ML4121 -
  1959年4月録音STEREO & 1946年録音MONO
(ピアノ) ユージン・イストミン 
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団
 

HEOR-49
\1390
ワーグナー:
 舞台神聖祝典劇「パルジファル」 (管弦楽曲集)
  第1幕「前奏曲」 「場面転換の音楽」 「終曲」
  第2幕「クリングゾールの魔法の庭」
 「聖金曜日の音楽」 第3幕「終曲」
12inch Columbia ML5080 - 1955年録音MONO
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団
 
HEOR-050
\1390
R.シュトラウス:
 歌劇「ばらの騎士」組曲
 歌劇「影のない女」組曲
ブラームス:ハンガリー舞曲
 第5、6,17,18,19,20,21番
12inch Columbia ML5333 & 5223 - 1957年&1953年録音MONO
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団
ハンガリー舞曲第5、6番はモノ録音のみ
 
HEOR-051
\1390
ワーグナー:
 歌劇「タンホイザー」序曲とヴェヌスベルクの音楽 (パリ版)
 歌劇「ローエングリーン」第3幕の前奏曲  
 楽劇「ワルキューレ」ワルキューレ騎行、魔の炎の音楽
 楽劇「二ュルンべルクのマイスタージンガー」
  第3幕の前奏曲、親方たちの入場、徒弟たちの踊り
12inch Columbia ML4865 & 10inch Philips SBR6210 -
1953年3月録音MONO
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団

HEOR-52
\1390
ワーグナー:
 楽劇「トリスタンとイゾルデ」前奏曲と愛の死
  楽劇「神々の黄昏」
   ジークフリートの死 葬送行進曲 終曲
  ブリュンヒルデの自己犠牲
  12inch Columbia ML4742 -
  1952年録音MONO
(S) マーガレット・ハーショウ
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団



ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD 新店舗トップページへ



Copyright(C) 2011 ARIA−CD.All rights reserved.137